読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニソンのレビューん。

アニソンやキャラソン、声優さんやアイドルの楽曲をレビューしたいけどできていないブログです。定額制音楽サービスのアニソン対応状況を調べたり、アニソン周りのことを書いてます。

【2017春アニソン】「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」【最新アニメ主題歌OP・EDレビュー】

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? 第1巻【限定版】Blu-ray

「すかすか」*1が今季一かな。

1話を見終わった時点でちんぷんかんぷん(当たり前なんだけど)だったので、あまり乗り気ではなかったんだけど、2話で一気に引きこまれてそのままハマってしまった。

今季観るのが固まってなかったり、切るかどうか迷ってる人は4話までで一区切りなのでそこまでは継続して欲しいかなと。

系統的にはボーイミーツガールだと思うので、ギャルゲ、エロゲ好きな人は大好物かもしれない。

やっぱりヒロインとの距離間が近づいていくのがすごく好きなんだよなぁ。

以下アニソンレビューです。

OPも今季一な気がする。

 

OP「DEAREST DROP」/ 田所あずさ


作詞/作曲:Q-MHz 編曲:増田武史

 

アニソンはやっぱりアニメと一緒に聴こうね

OP担当は田所あずさ

個人的に「ころあず」こと田所あずさには注目していて、アニメOPで聞く前に公開されていたPVで「DEAREST DROP」を視聴していた。

アニメと切り離して田所あずさの曲として普通にまた良い曲出してきたなーという印象だった。

そしてアニメを見始めて、2話3話が終わった時点で、世界観を知ることができて、ヒロイン達妖精が兵器だということ、戦争で死ぬべき運命にあることなどがわかる。

そういう背景を知って改めてOPをアニメーションとともに見た時に、この「DEAREST DROP」という曲がいかにアニメの内容によりそって創られているかということを強く感じさせられ、自分のなかで化けた感覚があった。

歌詞の一言一言の重みが全然違う。

つらい、つらすぎる。

そして物語の進行とともにヒロインと主人公の距離が縮まってゆくのだが、1話時点でかつて主人公には妻と子がいたことが描かれていて、その過去とどのように折り合いをつけるのか、ヒロインの想いは届かないのではないかということを思わず考えてしまうような、儚く切ない想いが描かれている。

 

ころあずとQ-MHz

作編曲を担当したのは、ころあずファンにはおなじみのQ-MHzだ。

実は4th、5th、そしてこの6thシングルとアニソンタイアップ3作連続での起用となっている。(5thは田淵智也のみだが)

4th「1HOPE SNIPER 」と5th「運命ジレンマ」は田淵智也節が炸裂しているゴリゴリのロックサウンドだったんだけど、今作はロック感は残しつつストリングス響きがアニメの切なさと寄り添う王道アニメソング的な作りになっている。

作家で言うと畑亜貴黒須克彦が得意としているところだ。

このように作家色がにじみ出てしまうというのもおもしろいと思った。

 

キャラソンではなく声優アーティストとして

主題歌だけでなく主演として

主演が主題歌をキャラクターとして歌うのではなく、アーティストとして歌うことのハードルってすごく高い。

演じているキャラクターにどうしても引きづられそうになるけど、アーティストとしての自分を失わずにちょうどいい距離で両立しなければならない。

演者としての演技力はもちろん、歌手としての歌唱力を併せ持つ声優にしか許されていなくて、それこそ「魔法少女リリカルなのは」の水樹奈々田村ゆかりという両巨星はみんな知っているだろうし、レコード事務所ランティスの先輩としては茅原実里だったり、同世代では水瀬いのりという新星だったりとそうそうたる顔ぶれだ。

3rdシングルから主演ではない出演作でのタイアップを順調にこなし、ついにこの6thで主演&OP主題歌を担当するということで彼女にとって勝負の時だと思うし、プレッシャーも計り知れないだろう。

事実、声帯部の炎症によって5月のライブが一部延期になるなどとかなりの負担がかかっている。

だけどそのまわりの期待に応えるだけの完成度をもった曲に仕上がっていると思うし、それこそアニメ「喰霊―零―」で彼女と同じく主演&OP主題歌を担当した茅原実里の代表曲「Paradise Lost」のような輝きを感じたのだ。

田所あずさの主演&主題歌としての代表作になるのかもしれない。

 

視聴はこちら

田所あずさ 「DEAREST DROP」 MV Full Size - YouTube

 

DEAREST DROP

DEAREST DROP

 

 

ED「フロム」 / TRUE

作詞:唐沢美帆 作曲・編曲:南田健吾

 

EDを担当したのはTRUE。

唐沢美帆名義で作詞も担当している。

OPが戦争へ赴く曲だったのに対し、EDでは戦争から帰ってくる場所として主人公へのヒロインの想いを綴っている。

こういう戦争もので視聴中に乱れた心を浄化するいわゆる「浄化ソング」を持ってくる手法っていうのはよくあるんだけど、わかっていてもやられてしまっていい曲に感じるんだよなぁ・・・。

イントロの暖かなシンセとピアノのユニゾンが好き。

アニメでのシリアスが多めの中にもほっこりした心温まるシーンがちゃんとあって、それを連想させるような幸せなメロディが癖になる。

 

視聴はこちら

TRUE「フロム」 Music Video Full Size - YouTube

 

*1:公式略称らしい