読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニソンのレビューん。

アニソンやキャラソン、声優さんやアイドルの楽曲をレビューしたいけどできていないブログです。定額制音楽サービスのアニソン対応状況を調べたり、アニソン周りのことを書いてます。

2015春アニメ

【LINE MUSIC】最新アニソンがどれぐらい聴けるか調べてみた。【2015春アニメ】

こちらの記事でも書いたように、 <a href="http://irohamane.hateblo.jp/entry/2015/06/13/161638" data-mce-href="http://irohamane.hateblo.jp/entry/2015/06/13/161638">「LINE MUSIC」が始まったのでアニソン対応状況を調べてみた。 - アニソンのレビューん。</a>irohamane.hateblo.jp 現時点、2015年6月では主にソニー系レーベルのアニソン系アーティストの曲を聴くことが出来る。※7月3日追記エイ…

【2015春アニメ】空耳・弾幕が面白いアニソン

ニコニコ動画でのアニメ配信が始まりコメントとともにアニメを見るという新たな楽しみが生まれた。 そこで空耳・弾幕を楽しむという文化もまた生まれたのだった。 これを書いてる時点で6月であり、4月から始まった春アニメもそろそろ佳境を迎え、空耳・弾幕…

【2015春アニメ】グリザイアの楽園ブランエールの種編ED きみをさがしに/南條愛乃【レビュー】

前作「グリザイアの果実」で主人公、風見雄二に救われたヒロインの5人。 そんな彼女達が、突然行方不明となった雄二=きみを探しに行くのが今回の「ブランエールの種」編である。 雄二への真っ直ぐな愛を歌った歌詞は、今度は雄二を救ってあげるという決意に…

【2015春アニメ】そろそろ今季アニソンのランキングベスト10を決めようと思う。【レビュー】

既に6月に入り今季アニソンのほとんどが発売されたことになります。 ということで、雨音いろはが独断と偏見で選ぶ今季アニソントップ10の発表です。 第10位 春擬き/やなぎなぎ「やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続OP」 春擬き やなぎなぎ アニメ prov…

【2015春アニメ】グリザイア楽園ED 南條愛乃「黄昏のスタアライト」レビュー

「グリザイアの果実」のヒロインとの暖かな日常を描いた、前作「あなたの愛した世界」からうってかわり、3rdシングル「黄昏のスタアライト」はアニメのシリアスシーンに負けない南條愛乃史上最も激しい曲となった。 ここまでバトルを意識した楽曲は今まで彼…

【2015春アニメ】グリザイアの楽園 1話 BGM情報

雄二が愛犬のジョンと遊ぶシーンやその後でも流れていた曲は原作でも好きだった曲。 「cigar&coffee」 という曲で原作ゲームの「グリザイアの迷宮」のサウンドトラックに収録。 Amazonで視聴可能。 PCゲーム グリザイアの迷宮 サウンドトラック&主題歌集 ア…

【春アニメ2015】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 続 挿入歌 雪ノ下雪乃( CV.早見沙織)&由比ヶ浜結衣(CV.東山奈央)「Bitter Bitter Sweet」レビュー

今までOPEDのレビューだったし、まだまだ紹介しきれていないのだが、どうしてもこの曲が好きなので、ここで紹介させて欲しい。 この曲「Bitter Bitter Sweet」は、俺ガイル2期冒頭の文化祭シーンで流れた曲である。 既にアニメ1期、12話で雪乃、結衣たちがバ…

【2015春アニメ】フューチャーカード バディファイト100 OP fripSide「Luminize」レビュー

深夜アニメ枠から飛び出し、早朝アニメの主題歌を担当することになったfripSide。 前回タイアップ曲の「black bullet」では、コーラス隊の起用にストリングサウンドと、今までのfripSideにないサウンドであったが、今作では、原点回帰の八木沼節が炸裂してい…

【2015春アニメ】グリザイアの迷宮 ED 飛蘭「グリム」レビュー

アニメ、グリザイアの果実で謎だった主人公風見雄二の過去に迫った今作。 明らかになった壮絶な過去を象徴するような歌詞。 その中に、絶望的な環境の中を生き残ってきたゆうじの力強さを感じさせるストリングのサウンド。 イントロは、師匠、日下部麻子との…

【2015春アニメ】終わりのセラフ ED SawanoHiroyuki[nZk]:Yosh「scaPEGoat」レビュー

OPのデジタルサウンドからは打って変わって、EDも担当した澤野弘之ヴォーカルプロジェクトSawanoHiroyuki[nZk]が奏でるのは、悲壮感漂うエモーショナルロック。 ロックバンド、Survive Said The ProphetのYoshが歌唱を担当し、感情豊かに歌い上げている。 サ…

【2015春アニメ】終わりのセラフ OP SawanoHiroyuki[nZk]:Gemie「X.U.」レビュー

終わりのセラフ劇伴を担当するのは、機動戦士ガンダムUC、進撃の巨人、キルラキル、アルドノア・ゼロを手がけもはやアニメ界に無くてならない存在となってきた澤野弘之。 劇伴だけではなく、その彼のボーカルプロジェクトSawanoHiroyuki[nZk]名義でのOPEDに…

【2015春アニメ】血界戦線 ED UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」レビュー

アニメ、タイガーアンドバニー主題歌「オリオンをなぞる」、夜桜 四重奏 〜ハナノウタ〜主題歌「桜のあと(all quartets lead to the?)」とスマッシュヒットを連発している、UNISON SQUARE GARDEN。 そんな彼らが送るのは、シャレオツな4つ打ちダンスロック…

【2015春アニメ】ニセコイ: OP LiSA「Rally Go Round」レビュー

ニセコイ2期の主題歌を担当したのは、アニソン界のガールズロッカーといえばこの人、LiSAだ。 毎期順調にタイアップを獲得し、各地の精力的なライブ活動に加え、アニメロサマーライブには常連となっている彼女はもはやアニソン界を背負って立つ存在となって…

【2015春アニメ】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ED 分島花音「RIGHT LIGHT RISE」レビュー

RIGHT LIGHT RISE 分島花音 アニメ ¥250 provided courtesy of iTunes RIGHT LIGHT RISE 分島花音 アニメ ¥250 provided courtesy of iTunes ヘスティア様の謎の紐で話題騒然のダンまちだが、主題歌にも注目して欲しい。 2話でEDがついにお披露目となった。 …

【2015春アニメ】響け!ユーフォニアム OP TRUE「DREAM SOLISTER」レビュー

DREAM SOLISTER TRUE アニメ ¥250 provided courtesy of iTunes DREAM SOLISTER TRUE アニメ ¥250 provided courtesy of iTunes 当時社会現象となったけいおん!を制作した、京都アニメーションが再び部活楽器モノを創るということで今季注目タイトル、「響…

【2015春アニメ】ガンスリンガー ストラトス ED GARNiDELiA 「MIRAI」レビュー

OPに引き続き、EDも手がけたGARNiDELiAのとく。 OP曲のタイアップが続いたため疾走感溢れる曲のイメージが強いGARNiDELiAだが、しっとり聴かせるバラードナンバーとなっている。 イントロのピアノとストリングスのサウンドは、夕暮れのオレンジ色に染まる公…

【2015春アニメ】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか OP 井口裕香「Hey World」レビュー

一話放送後、早くも神ヘスティア様の信者が急増しているという「ダンまち」。 個人的にはあの謎の紐を考えた人も神様なのではないかと思う。 そんな今年の夏コミを賑わすことであろう本作品のOP歌唱を担当するのは、人気声優のゆかちこと井口裕香。 ラジオ「…

【2015春アニメ】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 OP やなぎなぎ「春擬き」 レビュー

頭サビの後、新たな物語の始まりを祝福するかのようなストリングスでこの曲は始まる。 アニメ1期に引き続き歌唱を担当するのはやなぎなぎ。 前作「ユキトキ」とは打って変わって切ない作風となった今作。 主人公の八幡たちが所属する奉仕部は生徒たちが持ち…

【2015春アニメ】Fate/stay night -Unlimited Blade Works-OP Aimer (エメ)「Brave Shine」レビュー

まず、冒頭に注目して欲しい。 アーチャーの心象風景である無限の剣に囲まれ天を仰ぐ彼。 守護者となってからでさえ理想に裏切られ続けた彼の心の悲哀、人の世への侮蔑が重々しいギターサウンドによって表現されている。 なぜ、いちサーヴァントでしかない彼…

【2015春アニメ】ガンスリンガー ストラトスOP 綾野ましろ「vanilla sky」レビュー

イントロのシンセは編曲を担当する、とくの名刺代わりと言っても過言ではない。 情報を全く入れずに試聴したので、一瞬GARNiDELiAのボーカルが代わってしまったのかと錯覚したが、今回の楽曲は、気鋭のボーカリスト綾野ましろに、GARNiDELiAのコンホーザーで…

【2015春アニメ】アルスラーン戦記ED 藍井エイル「ラピスラズリ」レビュー

今までの藍井エイルにない独特な異国情緒溢れる楽曲となった今作。 作詞はEirこと藍井エイルと加藤裕介、作編曲は同じく加藤裕介が担当している。 加藤裕介はJ-POPからアニソンまで手広く手がけるクリエイターで、水樹奈々や嵐といった大物アーティストの作…