アニソンのレビューん。

アニソンやキャラソン、声優さんやアイドルの楽曲をレビューしたいけどできていないブログです。定額制音楽サービスのアニソン対応状況を調べたり、アニソン周りのことを書いてます。

ラブライブ!サンシャイン!!2期5話感想と考察をイラストでレビューしてみた。

 

5話=全てに意味のある世界

正直はじめは「お前ら犬にかまってる暇あるんか」とか思ったけども、このストーリーの中に偶然はあるのか、果たして見えない力はあるのか、など、Aqoursの2期のテーマである「奇跡」に通ずるワードが出てきている。

一見本編に何ら関係のなさそうな5話だが、きちんと見ていくとむしろ大事なことが散りばめられているストーリーとなっている気がしますな。

 

 

Twitter実況と軽く考察

 

アバンはルビィの不満そうな表情からスタート。

どうやら最近雨続きらしいですね。

千歌「もうすぐ地区予選なのに~」曜「入学希望者も50人超えてきたんでしょ?!」

f:id:chika__art:20171105210217j:plain

入学希望者、50人超えてきたらしい。

結果が出るって嬉しいよね。でも100人まであと半分もあるんか…。

 

でも、50人超えたからこそ気は抜けないし、普通に前のステージよりクオリティはあげないとだよね…。

果南は安全第一だし、今日のところは終わりにしよう。と。そこにマリーがマイロを差し出す。

鞠莉「待てば海路の日和有りって言うしね♪」一同、頭を抱える。

海路とカイロを掛けるマリー。

雨のため、保護者の車で帰るメンバー。

ちかっちはリーダーらしくみんなのことを割り振る。そして、「善子ちゃんは…」

f:id:chika__art:20171105210347j:plain

善子「嵐が堕天使の魂を揺さぶる…秘めた力がこの羽根に宿r…」千歌「ふざけてる場合じゃないよー」(つめたい)

ちかっちに冷たくされるとかご褒美じゃん、そこかわれよ善子。

善子「拠点は至近距離にあります(訳:ここからおうちは結構近いです)。いざとなれば瞬間で移動できますので(訳:もし雨が強くなっても急いで帰れば大丈夫)。」ルビィ「まあすぐそこだし」一同「ごきげんよう~!」

そして去るメンバー。残される善子。

善子「胸騒ぎがするこの空…!」私「私は別の意味で胸騒ぎがするよ」

梨子が犬拾うのかと思ったら君か、善子。

ここで傘が飛ばされ、その傘を善子が追いかけていく。

生き物かよってくらい逃げる傘。

善子「何…その動き…」

f:id:chika__art:20171105210431j:plain

傘が道端のレンガ調の囲いに引っかかり、やっと傘との追いかけっこは終わりに。

ここで、善子はじりじりと傘に近づき無事傘を手に取ると満足そうに去ろうとする。

が、何かに気付くと微笑む。何かに出会ったような表情を見せる善子。犬は描かれていないが、たしかにそこにいるのはわんこだと思う。

傘つかまえるとき、「うにゃ」って言っちゃう善子のかわいさよ。

 

犬への耐性~Aパート~

いきなりの推し(しいたけ)にとまどうワイ。

Aパートの入りは、しいたけチャレンジをする梨子のカットから入る。曜ちゃんにサポートしてもらい、じりじり近づく梨子。

しいたけと曜ちゃん見てると思いの外しいたけってでかいよね。でも大型犬の方がスキ。

ところで2期になってから開眼頻度増えてません?

ありがとう公式。

ていうかしいたけの目きらきらですね???はーーーーーーー。(語彙力低下)

f:id:chika__art:20171105210448j:plain

千歌「しいたけ、梨子ちゃんのこと大好きだと思うんだけどなあ」

私「ずるい」

なんだか2年生組だけじゃなくメンバー全員がちかっちのおうち…というかちかっちのお部屋に大集合している様子。

みんなで集まって何してんだと思ったら、もう次のステージに向けて曲のテーマを出し合っているようで。

そりゃそうだ、時間がないもんね。

善子はテーマに暗黒を推している様子。

善子「堕天使と言えば暗黒。Aqoursと共に歩んだ、暗黒の堕天使ヨハネの軌跡を」

千歌「やっぱり輝きだよ!」見事に正反対の意見ですね。

果南「まあ、輝きってのは千歌がずっと追いかけてきてるものだしね」

ここで、さらっとダイヤさんの携帯からSaint Snowの、たぶんあっちの予備予選で披露したと思われる新曲が流れる。

くらっしゅまーーいん♪

 

ダイヤ「1つにとどまらない多くの魅力を持っていなければ全国大会には進めませんわ」

確かにそうかもだけど、ちかっちは輝きってテーマ1つだけで強行突破しそうだよね。

相変わらずあのキラキラおめめのアイマスク的なの使って居眠りするマリー。

f:id:chika__art:20171105210502j:plain

マリー長くて難しいお話苦手だから…。

そして善子がいたところにはなぜかしいたけ。(かわいい)

花丸にメールで「天界の勢力の波動を察知したため、現空間を離脱(訳:帰る)」という旨を伝えてさっさと帰る善子。

f:id:chika__art:20171105210512j:plain

メンバーに一斉送信でもいいと思うんですが、なぜずら丸だけに伝えるんですかねえ…。(ニヤニヤ)

善子が向かった先は田舎によくあるホームセンター。

 

そして、梨子宅では善子のお母さんの忘れ物を届けに行くというミッションが下される。

忘れ物を届けるのを了承した梨子は善子の元へ。

次回予告から分かっていた、よしりこ回だわ。

ここで、キャリーに入った犬を見つけ、思わず悲鳴をあげる梨子…の口を塞ぐサングラス善子。

f:id:chika__art:20171105210528j:plain

そして場面はわんこへの餌やり。

どうでもいいかもしれませんが、犬に対しての善子さんの声色、大人びてるのに優しくてぞくぞくしませんか?え?私だけ??

この大きさ、完全に子犬の大きさちゃうやん…。

f:id:chika__art:20171105210551j:plain

f:id:chika__art:20171105210601j:plain

犬を抱きかかえ、梨子に近づこうとする善子。

じりじり迫る善子からぬるぬる遠ざかる梨子。

善子「行け!」犬「あん!!」梨子「わあ、あああ」

f:id:chika__art:20171105210617j:plain

善子「デスティニーが2人を引き合わせたの!」

あくまで拾ったのではなく出会ってしまったと主張する善子。

梨子「それで飼うことにしたのね…?」という梨子の問いに黙る善子。

梨子「違うの?」善子「私の家、動物は禁止で…」

善子んち、マンションだから…。

善子「お願いがある」梨子「聞かない!」善子「まだ何も言ってない!」

 

梨子「花丸ちゃんかルビィちゃんに」善子「だめ、ずら丸のとこもルビィのとこも許可とるの面倒みたい」梨子「鞠莉ちゃん」善子「ホテルでしょ?」私「ホテルはアカン」善子「果南のとこもお店があるし千歌のところはしいたけもいるし」私「君意外とちゃんと考えてるんやな善子」

梨子「じゃあ、曜ちゃんとか」善子「…そんなに嫌なの?」わし「犬嫌いやから」

 

f:id:chika__art:20171105210719j:plain

善子「行け!」犬「あん!!」梨子「わあああああ」

 

f:id:chika__art:20171105210701j:plain

善子の懇願により、梨子は仕方なく家に連れて帰ることに。

f:id:chika__art:20171105210736j:plain

自室まで犬を運んだ梨子。すごいね、運べたんだね。

f:id:chika__art:20171105210758j:plain

どうやらまだお母さんにも犬のことは話せていない様子。

善子から聞いた好物をあげようとする梨子。

犬にご飯を食べさせるため、紐で遠距離からキャリーの扉を開ける梨子さん。

f:id:chika__art:20171105210813j:plain

犬、ご飯をちょっと食べたかと思うと梨子ちゃんに近づく。梨子、パニック。扉を締め、自ら締め出される。

 

そして場面変わってメンバーの練習風景。

陽が短くなってきて、屋上での練習は暗くなると危険と判断。あとは沼津で練習するときにしようとのこと。

そこに食い気味の「じゃあ、終わり?!」と興奮気味梨子。

千歌「うん…どうしたの?」梨子「え、いや、ちょっと…私、今日は先帰るね!」

どうやら梨子、今日「は」とか言ってるけどここのとこずっと先に帰ってるよう。

ルビィ「ここのところ、練習終わるとすぐ帰っちゃうよね」

そして練習後の梨子が向かったのは、善子も行っていたホームセンター。

犬にお土産を買い、るんるんでわんこに与える梨子。(でも絶対触らない)

普通にキャリーの扉開けたから触るの平気になったんかとか思うじゃん。すぐ開けてすぐ締める。犬は基本キャリーから出さない様子。

ここで親に秘密にしないのさすが高校生。

いそいそ帰った梨子に何かを察してか梨子の家にお邪魔する善子。

梨子の母親の前でよしりこが犬を取り合う。

善子「でも梨子ちゃん、犬すごい苦手だしやっぱ私の家で」私「親の前だとちゃん付けするんかワレ」

取り合いをするよしりこに梨子ママ、呆れ顔。

f:id:chika__art:20171105210837j:plain

 

勝手に犬に名前つけてる梨子。

同じく名前を勝手に決めてた善子。

 

ちなみに、梨子が言ってるノクターン、つづりは「nocturne」。意味は夜想曲。

夜想曲(やそうきょく)とは夜の情緒を表す叙情的(感情を述べたり表すような)な曲のこと。ノクターンという響きは英語ですね。

なんとも梨子らしい。

それと、善子が言っているライラプス。つづりは「Lailaps」。ギリシア神話に登場する犬。ちゃんと犬に関連付けてるとこ、善子ほんと律儀だね。

この犬は獲物はどんなものでも決して逃がさない運命と定められていた。ほう、狙った獲物ねえ。

 

善子「だいたい何よ!犬苦手でしょ?!」私「確かにそうなんだけど、犬苦手な子に犬預かってって言ったの君やで」

 

そして梨子母が沼津の方でもらってきたという紙は迷子犬のちらし。名前はあんこ。犬種はシェルティ。

f:id:chika__art:20171105210854j:plain

無事に元の飼い主に犬を渡したよしりこ。

梨子、犬に手をなめられ感動。

しいたけ!!!梨子が!!!浮気してる!!!!

Aパートで出会ってAパートで別れるとかスピード離婚すぎひん??(離婚ちがう)

 

この世に偶然はない?~Bパート~

Bパートの入りは部室のホワイトボードにびっちり書かれた次曲のテーマ案。

それを見つめる果南。その腕には「Aqoursダンスフォーメーションアイディアノート」と書かれた一冊のノート。そこに入ってくる千歌。果南はなぜか持っていたノートを背中に隠している。

f:id:chika__art:20171105210922j:plain

どうしたの?という千歌の問い掛けに「どんな曲がいいのかなって」と答える果南。

果南「ただ私は、後悔しないようにするだけ。これが最後のラブライブだしね」千歌「最後…」

果南「ダイヤと鞠莉と3人で曲作って、その想いが繋がって、偶然が重なってここまできたんだもん。やりきったって思いたい。」

Bパートは先程と違って少し真面目か…?と思いきや、曜「千歌ちゃんたいへん!」

校庭で木の棒であんこ(犬)を描き、「とってこーい」とか言いながら棒をそのまま投げるよしりこ。

花丸「まさか、悪霊に取り憑かれたずら…?!」

f:id:chika__art:20171105210936j:plain

どうでもいいけど、善子けっこうお絵かきうまいね?

梨子「練習、しよう」

善子「思いっきり身体を動かしてこのもやもやした気持ちを解消!」

もやもや解消出来るはずがなかったよしりこ。作戦会議。

善子「やっぱりこんなの間違ってる!」梨子「え?」善子「よく考えてみれば、あの人が飼い主だって言う証拠はないはず!」的な発言に梨子、少し引く。ぞくぞくします。

善子「取り戻しに行くわよ」梨子「はい??」善子「あの子と私は上級契約の関係(訳:善子の一目惚れ)デスティニーで結ばれている(と善子が思い込んでいる)の」梨子「無茶よ!迷惑でしょ!」私「ごもっとも」

そして犬を取り戻しに行くという善子に自分にも責任があるとついていく梨子。

犬が居ると思われる家に向かって善子「邪悪な気配…!」

善子「感じる…!ライラプスの気配が…!」

f:id:chika__art:20171105210950j:plain

私「絶対感じてなさそう」

邪悪な気配とか言いながら、住所的にはその家の隣の家に犬は居るらしい。

そして早速飼い主さんに「この間の」と見つかるよしりこ。

f:id:chika__art:20171105211004j:plain

梨子「失礼しました~!」善子「うわあああ~~」

速攻で逃げる。

どうやら家が見えるとこで犬が散歩なりで出てくるまで待つらしい。

梨子に「嫌なら帰りなさい、あの子は私にとって特別なの」と言う善子。

その特別と感じた訳をもっと描写してほしい感はある。

梨子ママ「いつ帰ってくる?」梨子「もうすぐ帰る」

梨子、ほんとに君は善子を残して帰れるん…?

f:id:chika__art:20171105211043j:plain

バス停で雨に気づき、なんだかんだ善子の元へ戻る梨子。

デスヨネー。

しかもちゃんと差し入れも買ってる梨子。えらい。

その梨子からの差し入れを最初は「いらない」と突っぱねる善子。

f:id:chika__art:20171105211057j:plain

それでも梨子に「はい」とおにぎりを差し出され、食べる。

どうでもいいけど、うなぎおにぎりですかこれ。うなぎくいたい。コンビニの丸おにぎり食べたい。

突然、この世の可能性的なものを語る善子。

善子「堕天使って、居ると思う?」私「君がそれ言ってしまうんか」

善子「私さ、小さい頃からすごく運が悪かった、何しても自分だけうまくいかないし。それで思ったの、きっと私がトクベツだから、見えない力が働いているんだって」

善子の何しても上手くいかないのにそれが見えない力によるもの=トクベツって思考がスーパーウルトラポジティブすぎて見習いたくなるワイ。

善子「運命とか、見えない力とか、本当にそういうのないのかなって。そんなとき、出会ったの。何か見えない力で引き寄せられるようだった。」

f:id:chika__art:20171105211115j:plain

なるほど、今までダイヤ回とかそういうのに隠れてたけど、善子の中ではこういうちょっとした疑問みたいなのがどんどん膨らんでいって、でも運命だとか見えない力だとかの確証はなくって本当にないのかなって思ってたときにちょうど出会ったのがあのわんこってことか。だからこんなに肩入れしてんのか。

 

善子が運命について語ってる最中にワイ、ひたすら「AqoursがAqoursになったのは運命」連呼。

語ってるうちに綺麗な夕方の空が顔を出す。

善子「はい、ライラプス」梨子「ノクターン!!」

f:id:chika__art:20171105211132j:plain

そして、幼女(もえちゃん)が犬を連れて玄関から出てくる。

幼女、母親に呼ばれて門の手すりにリードをかけて玄関に消えていく。

だからどっかいったんやで、わんこ。

こっちを見て!と念を送る善子。犬は一瞬だけこちらを向くも、幼女に呼ばれて嬉しそうにわんわんしてる。

わんこが玄関に入っていき、よしりこはバス停へ。

善子「やっぱり偶然だった、このヨハネに気づかないなんて」

これで善子はこの世はつまらないものだと気づいて凡人になってしまったりするんやろか。

梨子「でも、見てくれた」

梨子、さっき言ってた善子の運命とかの話を優しく肯定。

梨子「見えない力はあると思う。善子ちゃんの中だけじゃなく、どんな人にも」

 

一方月に照らされるちかっち。

「偶然が重なって、ここまできた…か。」

そして自宅まで帰ってきた梨子は、隣のちかっちの家の庭先でしいたけチャレンジ。

梨子はここで、ちかっちに、善子に話されて梨子が感じたことを梨子なりの言葉でちかっちに伝える。

梨子「私ね、もしかしてこの世界に偶然ってないのかもって思ったの。」千歌「偶然は、ない…」

ここで、梨子の言葉により、果南が言っていた「偶然が重なってここまで来た」発言が否定される。

梨子「色んな人が、色んな想いを抱いて、その想いが見えない力になって、引き寄せられて、運命のように出会う。全てに意味がある。」

果南が言っていた、単なる偶然が重なって出来たと思われるAqoursでも、実はみんなが色々考えて、想って、それぞれを引き合わせた結果であって、だからこうして9人はここにいるってことなのかなとか思ったり。

ちかっちもBパート冒頭で果南に言われた言葉を思い出していたりもして、言葉がつながっていく。

あの果南の言葉も後々キーワードになるんやろなあ、とか思うワイ。

いざというときとかにちかっちが「あのとき果南ちゃんは偶然が重なったって言ってたけど、違うんだよ。私たちは、偶然なんかじゃなくて、引き寄せられたんだよ」とか言いそう。

 

そして梨子、しいたけを撫でる。

はい、私心肺停止。

 

そしてEDはよしりこがボーカル

 

それよりSaint Snowさんの新曲出ましたね

Aメロの「悔しい想いが」の「が」の抜き方が個人的にドツボです。

Bメロの「迷う気持ちも」の「よ」の部分のしゃくり最高かよ、好きです。

サビ付近の追いかけっこも、他のAqoursメンバーに比べてそれぞれの声の余韻が控えめなのでもしかして他のAqoursメンバーよりエコーあんまかけてないのかなとか思ったり。

 

そして、ED最後のピックアップキャラは今回2人。珍しい。

f:id:chika__art:20171105211149j:plain

 

 

 

そして次回!

波なんすか????

 

 

書いた人

chika_ (@chika__art) | Twitter

色弱なのに頑張って描いてるから堅揚げポテト(うすしお)ください。

送ってくれた人のおすすめのアニメとか感想描くよたぶん

amzn.asia

 

Amazonビデオで5話を振り返りたい方はこちら

 

前回の!ラブライブ!サンシャイン!!

irohamane.hateblo.jp