アニソンのレビューん。

アニソンやキャラソン、声優さんやアイドルの楽曲をレビューしたいけどできていないブログです。定額制音楽サービスのアニソン対応状況を調べたり、アニソン周りのことを書いてます。

【春アニメ2015】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 続 挿入歌 雪ノ下雪乃( CV.早見沙織)&由比ヶ浜結衣(CV.東山奈央)「Bitter Bitter Sweet」レビュー

今までOPEDのレビューだったし、まだまだ紹介しきれていないのだが、どうしてもこの曲が好きなので、ここで紹介させて欲しい。

 

この曲「Bitter Bitter Sweet」は、俺ガイル2期冒頭の文化祭シーンで流れた曲である。

既にアニメ1期、12話で雪乃、結衣たちがバンドを結成してこの曲を演奏するシーンがあったが、正直、楽器の演奏が雑でアニメーションのクオリティがよくなかった。

それが、2期でリメイクされてるのだが、その完成度がとても良かった。

結衣はぴょこぴょこしながら歌っててかわいいし、ギターを演奏してるゆきのんはイケメン。

 

とくに注目して欲しいのは、ベースを演奏する平塚先生。

スーツにベストという平塚先生らしい男らしい服装ながら、女を主張する一際長い黒髪。

アンビエントなその美しさに思わず惹き込まれる。

さらになんといっても表情がいい。

ここまで気持ちよさそうにベースを弾いているプレイヤーを2次元で見たことなかった。

*1

僕もベーシストの端くれとしてウズウズしてしまう絵だった。

 

ステージ上で輝いている彼女たちとは裏腹に、主人公の比企谷は自らを犠牲にして辛い立場に追い込まれているのだが、その対比も良い。

同じく文化祭シーンでは『涼宮ハルヒの憂鬱』の「God knows...」が伝説的だが、個人的には俺ガイルも負けていないと思う。

1期でこのクオリティが欲しかった面はあるが・・・。

*2

 

聴きどころは、ダブルヒロインならではの、ツインボーカル

雪乃の感情を抑えた透き通った声と、結衣の元気いっぱいの歌声。

正反対の陰と陽の様なソロパートもいいし、その2つが混ざり合うサビのユニゾンも圧巻。

2人ともキャラ声で歌えてるところも好印象。

さすがは、レコーディング経験豊富な早見沙織東山奈央といったところ。

 

作曲・編曲はエンディングテーマ、「エブリデイワールド」も手がける黒須克彦

声優の伊藤かな恵に提供した『そふてにっ』エンディングテーマ「つまさきだち」を思わせる爽やかなバンドサウンドにさらなる磨きがかかっている。

 

歌詞の方は、結衣から比企谷への甘々な気持ちと、雪乃の切なる想いが綴られている。

作中でもちょくちょくアタックをかけている結衣だが、過去のトラウマから理性で踏みとどまっている比企谷を振り向かせるときは来るのだろうか。

あとゆきのんはもっと積極的に行かないと獲られちゃうぞとも思うけど、今の控えめだけど伝えるときはしっかりと伝える姿にすごく萌えます。

 

ヒロイン達の魅力がたっぷり詰まった「Bitter Bitter Sweet」アニメ一話と共にぜひ楽しんで欲しい。 

 

 雪ノ下雪乃(早見沙織)&由比ヶ浜結衣(東山奈央)「Bitter Bitter Sweet」

作詞:rino

作曲・編曲:黒須克彦

 

 

Bitter Bitter Sweet

Bitter Bitter Sweet

 

Bitter Bitter Sweet

Bitter Bitter Sweet

 

 

 OPのレビューはこちら

irohamane.hateblo.jp

 

*1:3次元ではUNISON SQUARE GARDEN田淵智也

*2:アニメ『WHITE ALBUM2』のライブシーンも原作で大好きだっただけに、使い回しと楽器演奏の描写の少なさに絶望した。ライブシーン力入れれば曲も売れるので制作さんマジ頼む