アニソンのレビューん。

アニソンやキャラソン、声優さんやアイドルの楽曲をレビューしたいけどできていないブログです。定額制音楽サービスのアニソン対応状況を調べたり、アニソン周りのことを書いてます。

ラブライブ!サンシャイン!!2期11話感想と考察をイラストでレビューしてみた。

 

11話Twitter実況

 

アバン~今までの感謝を込めた閉校祭~

冒頭はなんだか千歌たちがアーチを作っている場面から。

この時期に学祭ってちょっとちゃうくないか?なんやねん…。

サンシャイン11話閉校祭アーチ

なんやねんとか思ってたら学祭じゃなく閉校祭でした、切ない…。

楽しい感じの雰囲気だったくせに一気に切なくなっちゃったぞほんと。

 

Aパート~みんなでワイワイ閉校祭の準備!~

やりたい!閉校祭

OPが終わり、場所は部室で鍋で何かを煮込むマリー。と、それを注意するダイヤさん。

どうやら、1期10話の海の家回でも登場したシャイ煮のそのさらにパワーアップバージョンを作っているご様子。

部室でそんなことしないで、とちょっとおこなダイヤさん。

サンシャイン11話黒澤ダイヤ

そんなダイヤさんに、「普通理事長はそんなことしないんじゃ」的な発言に、マリーは

「最後のお祭りだから、何かしたいの」と、明るく答える。

廃校という道はもう決まってしまっていて、もう抗えない。だからこそ、やっぱり理事長として最後に想いを伝えたい。理事長だから、明るく振る舞わないとっていうのが少し見え隠れしている感じがしなくもない。

 

しかし、なぜこの卒業式も控えている時期に閉校祭なのか。

実はみんな、在校生が一丸となって理事長であるマリーに申し立てをしていたらしい。

閉校祭についての用紙をマリーの机に提出し、想いを伝えるモブ3人組。

その想いを受け取ったマリーはぼそっと「シャイニー」と呟くと、思い切りはんこを振り下ろす。

サンシャイン11話小原鞠莉承認

そしてマリーからおでこに承認はんこをもらうモブ3人。

サンシャイン11話モブ承認おでこ

…という流れだったらしい。

この、マリーのシャイニー発言って、みんながそれぞれ最後にここで、この学校でみんなで一緒に楽しく終わりたい!っていう想いがまるで輝きを求めている姿に見えたのだろうか。だからシャイニー発言…?

 

いざ!閉校祭準備!

と、言うわけでみんなで閉校祭の準備を行っているわけですが。

全体的に準備が遅れている様子。

サンシャイン11話マリーとようちかりこ

アーチが完成したと報告に来た千歌たちに遅れを伝えるダイヤさん。

間に合わなくなってみんなでお泊りとかしそうだよねって思った。

 

「では私も、生徒会長という立場を忘れて」と、張り切る様子のダイヤさん。

一体何をする予定なんでしょう…。

 

たぶん、閉校祭は学祭と違い、それぞれの生徒が、それぞれの個性を出していき、みんなそれぞれ楽しむことがコンセプトでもあるんかな。

そのひとりひとりの輝きとか楽しさが、今までのこの学校への感謝になる…的な。

 

そして場面は変わり、善子と花丸の準備風景。

サンシャイン11話よしまる魔法陣

床にチョークのようなもので円を描いている様子。

1年生2人組だけど、ルビィはいないみたい。

どうやらルビィは人気者で、どこかの手伝いをしているみたい。

そして場面は流れるようにルビィへ。どうやら何かの衣装を作っているみたい。そうか、ルビィはそういや衣装係でもあるわけで、手先も器用だし何か催し物で衣装とか制服が必要になった時手伝いに行けるもんね。

サンシャイン11話黒澤ルビィ人気者

と、先程からちょこちょこ背景に映るうちっちー。

うちっちーって曜のイメージだけど、今回はうちっちーが2体。

今まで出てきたメンバーから察するに、果南がうちっちーにINしていそうな予感。

 

と、うちっちー2体の他に、なんだかふわっとシーツが横切る。

シーツを追いかけ、空き教室というか倉庫になっているような部屋に入る、千歌と梨子と花丸と善子。ルビィは怖いのか、扉の前で待機。

そして、思いの外怖がっている善子に、花丸はいつものようにちょっかいというか、からいかう感じ。

しかし善子は「怖くない!むしろこの暗さが心地良いというか…!」的な発言で取り繕っていく。

サンシャイン11話よしまるヘタレ堕天使

しかし、シーツの下に何がいるか、正体は何なのか分からないし、部屋は暗いしで、ちょっとのことでビビって部屋の外へ逃げる善子。

「私はここで結界をはってるから…!」という善子の発言に、花丸は「ヘタレ堕天使」。

こいつらほんといい夫婦だよ。いや婦婦か。

 

一方、シーツの目の前にいる千歌は意を決してシーツをバサッととる。

そこにいたのは我が推しのしいたけ!!!!!!!!!!

サンシャイン11話しいたけ

いやほんともうかわいいかよ、かわいいかよ、あああああああああああああああつらいかわいい、しんじゃう、あああああああああああ!!!

萌えってほんとこういうことですね神様ほんとありがとうございます愛してる!(ノンブレス)

シーツをかぶったままのしいたけは、目の前が見えづらくパニックになってしまっているのかそのまま校内を疾走。

そしてなんと千歌たちが必死に建てたアーチも倒してしまう。

 

閉校祭だから、ちょっとはゆるく。

そして生徒会室でダイヤさんに叱られる千歌たち。

サンシャイン11話高海千歌怒られる

どうやらみとねえが散歩中にリードを離してしまい、逃げたしいたけが学校に侵入してしまったよう。

しかしダイヤさんは「言い訳はいい!」とお怒り。このやりとり、初期を思い出すな。

しいたけが乱入したことにより、アーチの復旧作業で元々遅れてしまっていた準備がさらに遅れてしまう事になっており、それについてどうするかということでお怒りらしい。

時刻はもうすぐ下校時刻で、終バスの時間も近づいてしまっている様子。

そこにマリー「小原家が、責任を持って全員送りマース!もちろんおうちに連絡するよ!」的な発言。

サンシャイン11話小原鞠莉送る

その発言に千歌たちは喜び、「みんなに知らせてくる!」と部屋を出て行く。

鞠莉は、先程までお怒りだったダイヤに「最後なんだから許して」とお許しを乞う。

しかしダイヤは思ったより穏やかで、「許すも何も、最初からそのつもり」と鞠莉に答える。

閉校祭が特別なものだから、それが分かっているから、厳しいことはちゃんと生徒会長として発言するけど、でも、許容するところは許容する。いつものように決まりだからと型に嵌めてしまっては、閉校祭でみんなが輝けないと判断しているのかな。

こういう、臨機応変に周りのこととか状況を見て自分の立ち位置を変えられる上司っていいよね。ほんとそういう上司もっと増えて…。(切実)

 

本音が入り交じる閉校祭準備

そして鞠莉が送ってくれることになったみんなは、準備しながらも、少し腹ごしらえの時間に。

腹ごしらえは、みとねえがしいたけを離しちゃったお詫びにと持ってきたみかんでつくったみかん鍋。

みかん鍋ってどうなんだろうか…。

でも、評判は「美味しそうな鍋食べられるなら離してもいいよ!」的なことを言われ、花丸はおかわりをしちゃうほどのものらしい。

しかしすかさず梨子が「毎日はやめてね」と止める。まだ完全に犬が大丈夫になったわけではなさそうだな…。

そして、みかん鍋が置いてあるテーブルの椅子に座るのはうちっちーの気ぐるみに包まれ頭だけ出している果南。

やはりか。

なぜうちっちーなのかを聞かれ、「海を再現しようと思って」とのこと。

一応うちっちーってセイウチなんだっけ。

そして、曜が入っていると思われるうちっちーの気ぐるみをつつくメンバー。しかし返事はなく、最後には椅子から倒れてしまう。

気ぐるみの頭がとれ、中身が見えるものの、そこに曜の姿はない。

曜はどこに行ったのかというと、外で台に上って「スクールアイドル部です!」と大きな声で話し始める。

サンシャイン11話渡辺曜

ここって多分、千歌と一緒に勧誘し始めた場所なんじゃないかな。

「スクールアイドルやりませんか?!」の問いに、いつの間にか曜の近くに来ていた千歌が「やります!」と応える。

サンシャイン11話高海千歌

 

と、そのやりとりから、校舎を見て想いを語る千歌。

千歌「ずっとこのままだったらいいのにって」

そう語る千歌に、曜は今まで思っていたことを伝える。

曜「私ね、千歌ちゃんに憧れてたんだ」

サンシャイン11話渡辺曜憧れ

曜は、千歌が見ている景色を見てみたいと思っていたそう。そう言えば1期の曜ちゃん回のときも千歌と何かを一緒にやりたくて、千歌をいつも何かに誘ってたみたいな描写あった気がする。

 

そして、千歌と曜、それぞれの想いを話して笑い合う2人を少し離れたところから見守る梨子。

ここでAパートは終了。

 

Bパート~ありがとうとごめんなさい~

閉校祭当日!

Bパートに入ると、閉校祭はもう始まっている描写。

千歌と梨子は和装のメイドに扮して喫茶店のスタッフ役として活躍しているよう。

和装メイドって、もしかして北海道で偶然訪れたSaint Snowさんの家の制服をヒントにルビィが作ったのかな。

そして、モブが、梨子の本が参考になったと差し出した本が「壁クイ」。

サンシャイン11話壁クイ

サンシャイン11話壁クイ雑誌

相変わらずそのジャンルなんですね、梨子さん。

そして梨子は慌ててモブに「たまたま!たまたま家にあったのよ!?たまたまよ!」と一生懸命謎のアピール。

必死過ぎて千歌に怪しまれる梨子ちゃん。

サンシャイン11話ちかりこ

と、ここでモブにそろそろ休憩でいいから校内まわってきたら?と提案される千歌と梨子。

千歌は梨子を校内探索に誘うが、梨子はそれを断る。

梨子「私は用事があるから…」千歌「?」

普段、梨子は千歌の誘いをあまり断らないのだろうか。なんか千歌はその梨子の用事が気になるご様子。

しかし、千歌はそのまま1人で探索へ。

 

閉校祭の催し物

千歌が最初にきちんと見た催し物は、ダイヤさんの「Love Liveクイズ」。

ルビィはアシスタントとしてダイヤさんをサポートしているっぽい。

たぶん、衣装はルビィの手作りかな。

見に来たお客さんであろう、回答者3人がダイヤさんの出した問題を間違えると、いつもより数倍力の入った「ぶっぶー!ですわ!」を披露。

サンシャイン11話黒澤ダイヤラブライブクイズ

普段あまりAqoursのメンバー以外に見せない一面をここで発揮していてダイヤさん輝いてますよ…。

 

ダイヤさんの力の入り具合に関心している千歌の背中を、誰かの指がつんつんと突く。

このセーターは花丸ぽい。

花丸「占い、興味ありませんか…」的な発言で千歌に呼びかける花丸。

サンシャイン11話国木田花丸

しかし、客引きのわりにはかなりトーンは低い感じ…。

花丸に連れられるまま、千歌はある部屋に足を踏み入れる。

そこは暗幕で覆われた空き教室のようなところ。黒いマントを羽織り、水晶のようなものに手をざす人物…。

善子さんですね。

 

なかなか客が来ないらしく、千歌を連れてきたっぽい花丸。

連れられた千歌に、善子は「恋の悩みを占ってほしい?」「最近体重が増えて困っている?」など、ありきたりな質問と、現在善子自身が悩んでいることを千歌に投げかける。

しかし千歌はそのどちらにも首を縦に振らず、「全然!」と、困っていないとの回答。

千歌の少し後ろにいる花丸は善子に「もう普通に何占ってほしいか聞けばいい」的な発言。

善子はその花丸の助言を「ずら丸は黙ってて!」と言い、「脳内に響く堕天の~」といつもの堕天使モードで千歌の悩みを当てる!と意気込む。

そして善子は「ミュージックスタート!」と合図を送る。

部屋に鳴り響くオルガンの音色。CDかと思ったんだけど…。

なんか裏で梨子ちゃんが弾いてる。さっきの用事ってこれか。

どうやら梨子ちゃん、善子の手助けになるならとお手伝いしてるらしい。同じく花丸もそんな感じの理由っぽい。

善子愛されてるなほんと。

千歌は、じゃあ…と、「Aqoursの未来を占って」とお願いする。

しかし善子は「Aqoursの未来は占うまでもない」と発言。

サンシャイン11話津島善子占い

みんな、占いとかじゃなくて、自分たちがAqoursの未来を作っていくってことをなんとなくというか、はっきり感じているからこういう風に言えるんじゃないかな。

 

ここから羽ばたく

善子の占いの館から出た千歌は、外へ出る。

そこにはみかんを配るみとねえとしまねえが。

冬に昔ながらの、マッチとかで点火するストーブの上の部分でみかん焼くとけっこう美味いんだよね~~~~!!

懐かしい~~!小さい頃よくやったわ~…。焼きみかん、妙に癖になるよね。

みとねえとしまねえは、「変わってないわね」と校舎を見上げる。

ここらへんの地元民はそのほとんどが浦の星女学院の卒業生なんだろうな。

「千歌は毎日来てるからわかんないかもしれないけどね、あるのよ、ここだけの懐かしい匂いが」的な発言。

サンシャイン11話しまねえ

分かる。毎日触れられなくなってからわかる匂いとか、空気とか、雰囲気とかってあるんだよね…。

なんか久しぶりに母校行きたいな、って思ってしまう発言だわこれ。

 

と、屋上からモブに呼ばれる千歌。

あのモブよしみって言うんか。

千歌を呼んでモブ3人が見せたのは風船で出来たアーチ。

そこには「浦女ありがとう♥」の文字が。どうやら千歌たちも知らない、モブ3人が仕掛けたサプライズのよう。

モブが作った風船アーチは次第にばらばらになっていき、風船は空に飛んでいく。

私がやった廃校のイベントでも風船飛ばしあったんだけど、これって廃校イベあるあるなのかな。

このいろんな色の風船て、実は生徒とかこの街の人々それぞれを意識していて、それぞれがここから飛び立って輝いていくって暗喩なのかな。考えすぎかもしれんけど。

 

それぞれの想い

サンシャイン11話キャンプファイヤー

ここで、Aqoursのメンバーがモノローグで言葉を紡いでいく場面になる。

みんな楽しいと思ってて、終わりが来てほしくない、このままでいたいのに、今という時は止まらないし二度とこないこと。

サンシャイン11話よしりこ手つなぎ

不安なのに、それでも今まで経験したことのない明日という新しい時が来ることが少し楽しみなこと。

私たちは、同じ時間が巡らないということを知っているからこそ、全力で何かに打ち込めるということ。

サンシャイン11話かなまり

不安な未来でも、それでも歩かなければいけないから、それをわくわくに変えるためにみんな笑うこと。

 

それぞれが、それぞれの言葉で紡ぎ、それがまるでこの子たちに流れる時間のようにゆっくりと、でも着実に時が進んでいく描写。

その楽しい時にすがりつくように寄り添うそれぞれの子たちの描写。

「最後にありがとうを伝えたい」と始まった閉校祭。でも、閉校祭をやるということは、同時に終わりということをきちんと受け止めなければいけない、もう目を逸らしてはいけないということでもある気がする。

それを、みんなできちんと受け止めるために、みんなで作り上げた閉校祭だったのではないかなって思うんですよね。

 

終わり

閉校祭の最後はキャンプファイヤー。手を繋ぎ、輪になって、みんなで踊る。

楽しい時。

 

でもその楽しい時はすぐに終わるもの。

キャンプファイヤーが終わりに近づくとみんなの輪の中心で鞠莉が話し始める。

理事長として、この閉校祭を締めるような言葉を言った後、マリーは頭を下げる。

サンシャイン11話小原鞠莉謝罪

鞠莉「…ごめんなさい…」

ごめんなさい、を少し繰り返して紡いだ言葉は、「もっと頑張っていれば」というような発言。

Aqoursとしてもそうかもしれない。でも、1番にあるのは、理事長、小原鞠莉としてこの学校を守れなかったことが鞠莉の中に根強く残っているのかもしれない。

何も言えないメンバー。そこに、モブからのコール。

「Aqours!」と手拍子と共に何度も呼びかけられ、鞠莉の後ろにいたダイヤが鞠莉の背中を押す。

「みんなで一緒に歌おう」と提案する。

そしてEDへ。

EDピックアップキャラは千歌。微妙に曜回ではなかったかもしれないな。

 

EDの最後の方のメロがいつもと違い、波によってED最後に出てくるAqoursの文字が消える。

ED曲TVサイズでは聞けなかったパートに入り、モブも一緒になって歌っている。

ちなみにしいたけの中の人も歌ってる。

Aqoursの文字も、キャンプファイヤーの火も消える。

サンシャイン11話キャンプファイヤー消える

これって、みんなのものになったわけではなくて、「もう終わり」って意味なんか…。

キャンプファイヤーの火は浦の星女学院という学校を表している。それが消えたから、浦の星女学院スクールアイドル、Aqoursという存在も消えてしまう。

そういう描写なのかな。

 

じかい!

果南回なのかな~~!!

 

今思ったけどAqoursとSaint Snowの共通点って失敗なのかなって思う。

Aqoursは廃校阻止失敗、Saint Snowはラブライブ出場失敗。

無印のラブライブ!とサンシャイン!!のラブライブ!のコンセプトは結構違うもので、今回のサンシャイン!!でのコンセプトって、上手く行かずに失敗をしてしまっても、新しい出口や目標を見つけて輝くことの大切さ、みたいなものがコンセプトというかテーマになってる感じあるなーと個人的に思った。

ラブライブ!自体のコンセプトは、高校生という限られた3年でしかスクールアイドルとして活動できないという縛りの中でどう輝き、どう足掻くかということがテーマになっていそう。

まとめると、ラブライブ!のテーマ=短い時間でどう輝くか。

これって人生とかにも通ずるところがあるんじゃないかなと勝手に思ってるわけだけどどうなんだろうね。

 

次回予告の話になるけど、光の海ってなんかステージから見たペンライトたちみたいな響きだよねって思った。(きっと関係ない)

どちらかというと、果南がいたことから次のステージは果てしない海だけど、でもきらきらと可能性に満ち溢れてる…みたいな風に捉えるのが1番なんじゃないかなと。

まあぶっちゃけ次回予想しても絶対外れるのでこの辺にしておきましょ…。

 

 

書いた人

chika_ (@chika__art) | Twitter

 

前回の!ラブライブ!サンシャイン!!

 

irohamane.hateblo.jp